GAS DIARY

これからは、ちょっと頑張って更新します(オイ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エアブラシ塗料の希釈 その一

先日
久しぶりに実家に帰ると
先日の「なんでも鑑定団」で頂いた
石坂浩二氏の絵が飾ってありました(^^)

本当に才能豊かな人ですな・・・
へ~こんな絵やったんや

tosou3.jpg
乳首丸出し。


というわけで
今回は勇気を振り絞って
模型ネタを書こうかと思います
面白くないので覚悟しな(-∀ー#)

さて
前回の模型小ネタの知恵袋で
エアブラシ塗装の際の
塗料の希釈方法のネタを募集した所
友人知人モデラーさんから
相当数のコメントを頂きまして
もうなんと言ったらええのか
ヒデキ感激でございまして

当然ながら
情報を独り占めするのもなんですので
どや顔で順番にお披露目していこうかと思います(^^)


まず
塗料の希釈の割合から

エアブラシを使用する場合
Mr.カラーの場合だと

塗料1:うすめ液2

の割合で
皆さん大体計って薄めてるみたいです


中には
電撃のライターのTAKAさんなどは

「塗料10ccだったらシンナー20ccてな感じで、ちゃんと計量器で計ってます」

という繊細で緻密な作品を作る彼らしい
コメントを貰いまして
今まで適当にうすめ液入れてた俺はなんとも恥ずかしい限りやけど


次に塗料を薄める器としては

俺と同じく
「小さい紙コップ使ってます(=゚ω゚)ノ」

から

「塗料皿を使ってます」

「10㎖くらいのポリカップ」

「タミヤの中瓶かクレオスとかの大瓶」

いちいち買うのか((((゚д゚lll) (゚д゚lll) (゚д゚lll)))ガクガクブルブル
というブルジョワなモデラー方もいらっしゃいますが


特に

東海組のりりももさん
「カメラのフィルムの空きケースを使いそのまま保存」

とか

ホビージャパンのライターの只野☆慶さん

「ダイソーで売っている丸い小型タッパー(ピッコロ無地 ミニマル4p ※商品名wwwwww)
tosou1.jpg

で調色してレシピを蓋にシールで貼りつけ、
棚に重ねて保管しています。
瓶ほど密閉力が無いので3年程度しか保ちませんが
作った色管理には便利」

とかなどはかなり目からウロコです**(*゚▽゚*)**

これは
調色派の人で作品が完成した後でも
暫く塗料を保存しておきたい人にとっては

「調色→希釈→保存」

が廉価な器で一度に出来る非常に素晴らしいノウハウ**(*゚▽゚*)**

その他にも
こんなネットの片隅のブログで紹介してええんやろかと思うような
素晴らしいネタばかり
とはいうものの
まだまだ他にもネタが満載で御座いまして
一度に紹介できません



ので
tosou4.jpg


今日はこれぐらいにしといてやる(゚Д゚ )

次回へ続きます



P.S.
超小ネタのオマケです
誰に教えてもらったのか忘れてしもたけど
紙コップ希釈派の方

暫く作った塗料を置いておくとき
揮発を遅らせるため
以前は一々ラップをかけたりしてたけど
プリングルスのフタを置いておくと
簡易的なフタになって非常に便利!


tosou2.jpg


同じように
綿棒のフタも使えるので
捨てないで取っておきましょう(^^)

追記
このネタの犯人(違う)が自首してきました
学屋さんです!

貴様!失礼しましたっ!(`・ω・´)

| 模型小ネタ | 07:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gas.blog1.fc2.com/tb.php/213-95b7add3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT