GAS DIARY

これからは、ちょっと頑張って更新します(オイ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

香川うどんツアー第四弾に行って来た 後半

後半です

※超長文注意です※


テンポよく行きます。次(^^)

さて二店舗目!
前回訪問時には残念ながら休業していた

「綿谷」

を狙います


がもうから車で十五分程で到着

うどん05

こちらは未知なる味の為
ネットでおすすめの肉うどん¥350

うどん06

ベーシックなぶっかけうどん¥220 

うどん07


を分けて注文して食べ比べます

肉うどんは王道の品のいい美味しさ
麺の食感は優しいです

予想外にぶっかけうどんが旨くて驚愕
うどんの麺そのものの旨さをレモンは惹き立てています**(*゚▽゚*)**
後に調べた所、一番のお勧めは


「牛肉のぶっかけうどん」


っぽいです
畜生大怪我はしなかったが、宿題を残してしまったぜ。


うどん11



次!

中村うどん


例の映画にも出た超有名店「なかむら」の
弟さんがやってる店(・∀・)


うどん08


こちらも注文を分けて

「かけ」と「かまたま」を注文
※かまたまは茹であがりたてのあつあつの麺に生卵を絡めて醤油で頂きます。

うどん09


おっとここはセルフでトッピング(^^)
店のおっちゃんが色々指導してくれます
まずは基本の「かけ」¥200


・・・・ごっつ旨い(・∀・)
あの「なかむら」と同じ傾向ながらちょっと違う
いりこの出汁の風味が最高ながらそれよりも
なんとディチェコのパスタのようなざらつく舌触り
独特のグニッとした食感のうどんが旨い!

ところがさらに
後にあつあつの状態で出されたかまたま¥250

うどん10


ウマー**(*゚▽゚*)**

もう圧倒的、圧倒的かまたま!
なんていうか和風カルボナーラというのも納得!
食べられて良かった (´Д⊂ヽ ありがとう!ありがとう!


しかしなんと恐ろしい
リピート4回目でこんな新鮮な驚きに出会えるとは思いませんでしたわ(^^)

というわけで
がっつりここではおみやけもGETして

さあ次は今回
前々回にトッピングに失敗して大層後悔した

「食べログ」ランキングNo.1

谷川米穀店

を目指します


営業時間は11:00~13:00 と超タイトw



他の店とちょっと離れた山奥にあるので
車で小一時間かけて移動しますが


うどん12


il||li _| ̄|○ il||li


なんてこったい
ここまで来て運が悪いとしかいいようがないが
折角の機会なので家族会議をして
次に向かう店を選択します

数件の候補の中から
営業時間などや口コミから
今回は
さらに一時間程離れた辺境の海沿いの店

上戸うどん


に向かいます

うどん13


ここからさらに長い道中
道沿いには星の数ほど
訪問したり聞いたことのあるうどん屋が
走馬灯のように流れて


「ここでもええんちゃうん(・∀・)」


と悪魔の声が囁きますが
限りある胃袋の限界を考えると
思いつきで食べる余裕など御座いませんので
とにかく最果てを目指してひた走り
さらに一時間かけて無事に到着

うどん14


早速お勧めの最もシンプルな「かけうどん」小¥200を注文(^^)


うどん15

セルフでうどんに湯通ししたりして(・∀・)

とこれは


うどん16


・・・・・美味い!(*´д`*)

コシがありながらもっちりとしつつ
尚且つ歯ごたえのいい麺は初めての不思議な食感のうえ
うどんそのものがたまらなく旨い!
なおかつ
イリコをふんだんに使ったダシは
全く臭みがなく最高の風味!

なんといまさらここでこんな新鮮な感動に出会えるとは
夢にも思いませんでした

うどん17


リピート必修店に決定です**(*゚▽゚*)**

・・・・むっちゃ遠いけどね(ノ∀`)

そして最終は
香川の丁度反対側、高速を飛ばして一時間半
高松の超有名店

「山田屋」
http://www.yamada-ya.com/

に二回目の訪問をします

うどん18


こちらはうどんの味もさることながら
ほぼ昼過ぎに閉店する店が多い中
普通に夜まで営業していて訪問しやすいことや
店自体のいい雰囲気も堪能できるのでお勧めです


こちらの店では定番メニューの

釜ぶっかけ¥550


うどん19




かけうどん¥300

うどん20


を注文


安心の味に舌鼓をうちます。
しかし麺もさることながら
ここのかけだしの風味は鰹が抜群に効いてて最高です

ということで
胃袋の限界もキタことですので
今回のツアーはここで終了となりました(^^)

うどん21


最後に今回の感想です
えー実は
今回のツアーのテーマはスバリ

「リベンジ」

でして
今までの心残りを回収して廻ろうという趣旨でスタートしました
そして
毎度のこの強行軍のパターンを卒業して
今後はのんびりと遊びに行こうかなどと
ふぬけたことを考えていたんですが

ところがどっこい今回は
予想に反してさ更にちゃぶ台を広げる結果となり
讃岐うどんの底の深さを
身を持って味わう結果となりました

ちなみに
話に聞いた所によると
素材の産地やブランドなどに大きく左右される蕎麦と違い
讃岐うどんは原料には特に大きな拘りがないそうです

なのに、愛情を込めてというものの
シンプルな素材でシンプルに作られたうどんが
これ程の個性的な旨さを主張するということが
正直未だに理解できない所があるんやけど

とりあえず
GAS家のうどんツアーは当分続きそうです(^^)

| 食いしん坊 | 02:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gas.blog1.fc2.com/tb.php/193-4dff89a4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT