GAS DIARY

これからは、ちょっと頑張って更新します(オイ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

裏山登ってきて死ぬかと思った

今回はタイトルから名作の匂いがプンプンします
皆さんお元気ですか?

さて
こちとらここ数ヶ月
まったく運動などしていない日々を送っておりましたので
電撃の作例もなんとか終了した一昨日、
せっかくなので軽く体を動かそうなどと
碌でもない事を思いつきまして
予てからその存在が気になっていた裏山もとい松尾山に
色づき始めた紅葉を楽しみつつ絶景を楽しんでくるかと
軽く地図をネットで確認した程度で
コンビニに出掛けるかの如くマダムを巻き込んで出発(・∀・)

さてその松尾山ですが

京都一周トレイル西山コース

地図はコチラ


というのがございまして
こちらの嵐山26番から苔寺51番までの2時間程度のコース

つまりは

「裏山に登って景色眺めて降りてくる」

という行程となります




苔寺側の入り口が分からないため嵐山側の入り口からスタート!


005.jpg

・・・・・
いきなりむっちゃ道狭いやんか。
しかもえらい急な坂やしやばいかも・・・


気づけば道端に手頃な杖のような枝が転がってるじゃないか(・∀・)
戯れに拾ってみたら長年共に戦い抜いてきた剣のようなフィット感!
恐らくは
長年この山を登る人の役に立ってきた由緒ある杖に違いないと思い
本日登山のお供にすることに決定。

む~
杖ついてるとなんかえらくなった気分じゃと
余裕かませてたのも一瞬のうちに終わり
あまりの急坂(本人の感覚で)に10分程度で早くもグダグダに




※閲覧注意









012.jpg









舐めてかかって来たもののこりゃえらいこっちゃと
汗だくになりながら山頂を目指します。


日頃の運動不足のせいで太腿やふくらはぎに
早くもパンパンににみがはいった俺とは対照的に
まるでタバコを買いに来た帰りのように
軽快に山頂から降りてきた御老人に

「ぜえぜえあと山頂までどれくらいでしょうかι(´Д`υ)」

と聞いたものの

ここでそんなにバテててどうすんねん(´・ω・`)


と言わんばかりの哀れみの目で見られ
ろくに返事さえして貰えない始末
こりゃ体裁などかまってられんわと、とにかく山頂を目指し
急な坂を必至のパッチで登ること数十分で山頂に到着!


見よこの絶景!と言いたいところだが

028.jpg


ふーんって感じですな。さして感動なし( ゚Д゚)(おい
隣にサル山がみえるのでここにもサルがでそうですが
そうやねん
このコース本当に景色が良くない!
とにかく細い山道ばかりで開放感がないのが辛い理由ちゃうんかと
ふと振り返れば



おばさんとシーズー犬がいる(゚ロ゚;)エェッ!?



「えー!犬も登ってくるんですか?」
と半ば冗談でいうと

「そうですね~。この子も軽く登ってますよ」
とダメージのでかい返事が
・・・・俺はお座敷犬以下なわけやね。


とかなんとか言いつつもここは頂上、
後は楽しく下るだけじゃないか(・∀・)
いや~上りはキツかったな~


歩き始めるものの




下りが急過ぎる(▼皿▼メ)


一瞬気を抜いたら転げ落ちてしまいそうや
いやまて
マジで落ちたほうが下山早いんちゃうんか
でも転げ落ちたら血まみれなるからあかんわな(゚д゚)
とか思いつつ
必至に降りるものの足元が覚束無い。
ひざをガクガク言わせてビビりながら降りていきます
おっと
後ろから人が

・・・おじいちゃん!



「先どうぞ」




お年寄りに道を譲って抜いてもらう屈辱(´Д⊂ヽ

あれ?
下から来る奴マウンテンバイク担いでるやん!
ここまま登って漕いで降りてくるんかいな!

040.jpg



・・・・・・
ヘタリきってるの俺だけやんけ( TДT)



ちなみに
この苔寺に降りる帰路では
ビックリするぐらいの急坂をビビりながら降りた後に
下山の癖に上りが続くという

058.jpg



激しく肥満体のHPを削る尾根伝いの道が続くので
さてと
いよいよ怪我しそうなくらい足元がやばくなってきてしまい


「先に行ってくれ。後ですぐに追いつくから」



という死亡フラグを何回言いかけたか分かりません
道が狭くて急なため休憩できる場所もなく
たまにベンチらしき丸太などがあったりした時でも
お昼時が災いしてきっちりピクニックで占領されてる始末で
ろくに休憩もとれず
最後の方はすっかりヘブン状態



※閲覧注意





069.jpg






とにかく怪我だけはしないようにと無言の行程の後

二時間掛けてなんとか無事に苔寺まで到着


079.jpg



いや~マジで死にそうな目に遭いましたわさ

帰路
鈴虫寺の近くのお店でみたらし団子をGETして
生きてる喜びを噛み締めますが

089.jpg



コレ食ったらさっき運動して消費したカロリー帳消しやなil||li _| ̄|○ il||li


というわけで
山登りは舐めたらあかんということを
身を持って味わった一日でございました


家帰ったら
生きてる喜びを噛み締めつつ
ビール食らって爆睡でしたわ( TДT)

| 日記 | 07:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gas.blog1.fc2.com/tb.php/175-4e921291

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT