GAS DIARY

これからは、ちょっと頑張って更新します(オイ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1/24ランチアデルタWRCモンテカルロ’92製作記 3

続きです

ボディの工作の合間に他の部分の工作も進めます。
このランチアは
「自分の部屋に飾って眺めてほくそ笑む」
ことが出来るレベルで完成させるのが目標ですので
他のキャラクターモデルなどど違い、
どこか公の場に晒すこともなさそうなので
見えない所はそれなりに雰囲気が出ていたらOKという
適当な作り方しかしてません(笑)

まずはバケットシート裏側のケブラーの再現ですが
市販のカーボンデカールを買うと高いので
ネットで適当なケブラーの柄の画像を探して
データを繋ぎ合わせた後、
アルプスのプリンターで印刷したなんちゃって仕様を貼りました

rd008.jpg


シートベルトなども、
若干無理ゲーなキットのエッチングなどを使い
それなりに制作しました。
シートベルトはキット附属のビニールではイマイチだったので
そこらの紙を塗って使用しています。

rd009.jpg


次はホイール
あまりにも有名なスピードライン・モンテカルロの工作です。
面倒臭いのですが、ここはこだわりのポイントですので
リムを削って ディスクの穴を表と裏から
チマチマ開口していきますが、ここで悩むことが発生。
ランチアデルタWRC’92のハブは
4穴なのか5穴なのかどっちなのかが分かりません(´・ω・`)

キットは当たり前のように4穴で再現していますが、
前の16Vは4穴なので
そのまま流用してんじゃねーのかという不安が残ります
その上、今回使用している市販車のデルタインテグラーレのキットは
本当は5穴なのにキットでは4穴にしてしまっています。
というわけでネットで資料を探しまくりますが
決定的な証拠を秋には見つけることが出来ず、
一旦途中でストップしてます。

が、今年になって探し直すと、
分かりやすい画像があっけなく見つかりました
'02モンテカルロのWRCのデルタは4穴で間違居なさそうなので
キットのままでOKですね(^^)

rd010.jpg

実物のデザインに合わせてリムを削ったりしたので
ボディ組み付けの際にはツラを合わせるため
前後共内側の軸の所に、0.5mmプラ材をかませています。

フロントグリルの工作です
実車はヘッドライトの隙間まで穴だらけで凄みがありますが
プラの1パーツの再現では限界がありますので
以前に入手していたエッチングパーツをつかって
キットのパーツの表裏を削ったり開口したりしながら
画像のように工作しました
グリル中央のフレームは塗装後
メタルックを貼って再現してみました。

rd011.jpg



ボディは研ぎ出しをするためクリアコートを施します
これまではラッカー系のクリアーを
砂吹きをしながら重ね塗りしてましたが
乾燥時間が結構かかることと、
某有名モデラーさんに結構強く勧められたので
今回はウレタンクリアーを使って見ることにします。
選んだウレタンクリアーはこちら

rd012.jpg

一番扱いやすそうな精密屋のものを使います
いきなりデカールの上から吹きつけるのは若干怖いので
一回軽くラッカーのクリアーでコートした後
説明書を読みながらポッテリと吹きつけます。

おお~、いきなり良い感じのツヤ(^^)
これが2日程度でカッチカチになるんやな~(・∀・)

rd015.jpg


とワクワクしている私を
突然、悪魔のような出来事が襲います。


塗装後数時間経った時点での出来事。


「ん?」

「・・・・・なんかうっすら赤くなってないか?」
「照明のせいかな・・・」



さらに数時間

「ちょっと待て、だんだんボディがピンク色に!!
・・・ギャー!(lll゚Д゚)ヒイィィィ!!」

・・・・そうです。
一番最初のボディのプラの赤色が
今更滲み出してきたのです(涙)

rd013.jpg


とはいえ、
ラッカー系でなんともなかったのに
ウレタン系でなんで滲みだすのか
合点がいかない私に
うちの jam rockers のリーダーが
「ウレタン系でも溶剤が入ってるので
滲み出す可能性はありますよ。
最初にプラを溶剤に浸けてみて(以下略)」

・・・と
泣きじゃくる私をなだめるように教えてくれました。
経験値は新たに頂きましたが
すっかり酒焼けしたようになったボディは
修正不可能、あとの祭りです(T_T)

時系列が前後しますが
この後、モデサミ、雑誌の作例と続きますので
ランチアは一旦ここでほったらかし、
再開は年末年始となります。


続きます

| カーモデル | 11:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gas.blog1.fc2.com/tb.php/105-4c489137

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT