GAS DIARY

これからは、ちょっと頑張って更新します(オイ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

たんぽぽ技術主任

んー


まいどっ


ここ最近の連日の雨には
気がつけばすっかり過ごしやすくなってきましたが
スッキリしない天気はほんと残念ですな

そんな中巷では
東京ビッグサイトでの
全日本模型ホビーショー

に始まり
この週末も各所で魅力的な模型イベントが開催されております
SNSのタイムラインなどを見てると
もうすぐにでも飛んで行きたくなるけれど
色んな都合があるのでぐっと我慢
自分の持ち場にて頑張りたいと思います(^^)




近況です

先日は予てから気になっていた
京都市北区の




funaoka1.jpg

船岡温泉

に遊びに行ってきました
こちら文化庁の登録有形文化財にも指定された
マジョリカタイルや欄間の彫刻のレリーフが素晴らしい
由緒ある唐破風造の建物。
・・・・
なんやけど、ここが凄いのは

「立派な銭湯」

だということ。
つまり



funaoka2.jpg
※撮影禁止なので画像拝借しました(〃∇〃)

この芸術品を見たいならば先ず

「フル◯ンになれ」


という(笑)

ただ
実際びっくりしたのは
温泉や芸術的な建物そのものよりも
ここに入浴しに来ている方々
すなわち
人間のほうが面白い

普段利用してる地元の方々やおじいさん
任侠なおじさんに
アッー!ぽいおにいさんw
キョドりまくる海外からの観光客
どこから来たのか分からん学生っぽい奴ら
これが
裸の付き合いがエエのか何故かみんなむっちゃ笑顔で
ふと気がつきゃ地元のじいさんが
へんな外人と風呂浸かりながら
英語で会話してたりして
とんだ摩訶不思議空間
もう
なんだかとっても貴重な体験を
させてもらいました(*゚∀゚)

ほんまおもろいわー






さて今日の本題です
私が普段関わる模型業界では
沢山の尊敬する先輩というか神々がおられまして
まあ普通ならば
雲の上の人として崇め奉ることぐらいしか出来ない筈なんですが
実はここ最近はSNSの復旧により
この神々が我等のもとに降りてこられて
色んな形でコミュニケーションを取れるという
物凄い時代になってきまして
しかも、この神々は
予想外にお茶目だったりするので
油断出来無い(^_^.)

本当に私のような色物モデラー如きに
皆さんいつも楽しく絡んでいただきまして
ホントに感謝しておりますが

その中の一人で
私が以前から尊敬しているモデラーで
越智信義さんという重鎮モデラーがいらっしゃいまして
彼の話や日常ネタは共感できたりする所が多く
いつも更新を楽しみにしてるんです

その越智師匠がなんと嬉しいことに
うちの 



otipopo1.png


「たんぽぽ」
を気に入って製作してくれました(^^)


otipopo2.png

しっぽ踏んだら怒ります(*゚∀゚)


otipopo3.png

蒲田くんとも仲良し(*^^*)

そして更にはFacebookで
製作記を丁寧に説明までしてくれて

これだけでもびっくりするを通り越して
心から有難嬉しい出来事なんやけど


先日のMa.Kタマガワミーティングでは




otipopo4.png


その蒲田模型制作所のたんぽぽ技術主任を
オッパイ神の所に乱入させて
このように
尾頭ヒ◯ミ嬢にセクハラw


otipopo5.png


右のおっさん怒ってますよー(≧∇≦)
もうほんと
爆笑モノの画像をUPして頂き
ほんま有り難いやらなんやら
嬉ションちびりそうでございます
越智師匠、林先生本当にありがとうございます!






そのお陰で
改めてうちのタンポポの問合せが
結構来ておりまして
こちとらちょっと慌てておりましてw
はい

というわけで

popo1.jpg


nnbi-1.jpg





「たんぽぽ」や「ゾンビー」の
今後の販売予定のお知らせです



まず
11月頃を目処にネットでの通販を行います

現在準備ちう。

通販の詳細については
改めてこちらのブログやSNSなどでさせて頂きますので
もう暫くお待ち頂ければ有り難いです


それから

ワンダーフェスティバル2017winter

今回も無事当選いたしました
このときには
限定での販売アイテムや
新作など用意できたらええなーと思っています


お知らせはまたこちらブログやSNSでさせて頂きます



来月は参加予定の
宴会もとい模型イベントも待ち構えておりますので
馬力出して
頑張っていきますよー(^^)


それじゃ皆さん
素敵な週末をっ( ノ゚Д゚
)









| 模型その他 | 10:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MASATO追悼展に行ってきた






まいどです




本日
突然時間が出来たので
チャンス!とばかりに
静岡県のザザシティ浜松にて開催されている




0916 024


山崎正人追悼展

に行ってきました

実は私先週にも浜松に来ていたんやけど
なんと不幸なことに定休日だったため
拝観することが出来なかったので
今月二回目の浜松訪問になります

先週伺った際には
墓参りにも行ってきました
非常にたどり着くのに困難な場所を
無理言って丁寧に教えてもらい
何とか花を供えることが出来ました
先客のまつおーじ君が
目印に墓前にウイーゴを置いて帰っていたので
一緒にうちのゾンビーを置いて帰っていました(^^)



0907 022



彼の墓は
浜松から北の山奥、見晴らしのいい場所にありますが
浜松駅から車で約50km、一時間半程かかること
山道で困難な場所があることを考えると
訪問はお勧めし難いです
訪問出来た有志が
皆の分までまとめてお参りしてきてますので大丈夫です









0916 021

今回は新幹線で浜松へ

彼の追悼展は
ザザシティ浜松の1Fにて無料で開催されています
会場には


0916 027


彼を一躍有名にした浜松駅のガンダムのジオラマや






0916 049

めざましテレビで取り上げられた零戦の格納庫のジオラマなど

ネットや模型誌で掲載された作品が一同に展示されてました
気さくでフレンドリーな彼は
模型の実力だけではなく、人柄でも人気を集め
モデラーとしての活躍はびっくりするぐらい多岐に渡っています


0916 067


彼の作品を見ていると
突然彼に後ろから声を掛けられそうな気持ちになります

生前
一緒にイベントに参加したり
遊びに行っていた彼の突然の死は悲しく
ここ最近まで
受け入れることが出来なかったのですが

今日、彼の作品展をみて
気持ちの整理が付き
やっと明るく見送ることが出来そうな気がしました
彼のことですので
向こうでも沢山仲間を作ってきっと楽しくやってるでしょう



0916 025


最後に
この追悼展を企画、尽力して頂いてる方々
そして私が訪問するにあたり
今回色々と声を掛けてくれたり助けてくれた
仲間のモデラーたちに
心から感謝いたします


私も残った者として
これからも頑張っていこうと思います


最後に改めてアナウンスです

山崎正人追悼展

ザザシティ浜松1Fにて9月25日まで開催
10;00~20;00 観覧無料

是非遊びに行ってやって下さい(^^)




同じ建物2Fに






0916 029

浜松ジオラマファクトリーもあります

現在は

前回の浜松ジオラマグランプリの
優秀3作品の展示と
ヤマタクさんの


特撮情景の世界

が開催されてます
思わず息を呑む
素晴らしい作品群もぜひ楽しんできて下さい!








| 模型その他 | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たんぽぽの作り方②



・・・・


生きてます(`・ω・´)ゞ
お仕事模型が締め切り寸前で
相変わらず修羅場ばんばですが
取り敢えず

続き行きましょう(゚∀゚)





たんぽぽの塗装編です

今回使う塗料はこれ



howtota12.jpg


アクリル・ガッシュ
・・・・

息子のお下がりです(^^)
良いもん使ってるな最近の子供はw
パレットとかえらいことになってますが

それから筆




howtota13.jpg


たんぽぽ小さいので
細い筆(2~300円程度)
を用意しましょう

それから
出来るなら
ちょっといい面相筆(200~2.000円程度)
を準備すると
細かい書き込み(目とか)
が出来て捗ります(^^)

それじゃあ塗っていきます
一気に塗っていくんじゃなしに
影とか考えながら
調色して塗っていきます
今回のモデルは



mugicha.jpg

初心に帰ってムギちゃん、かわええ。




howtota14.jpg


他に準備したのは水
筆先を整えるキッチンタオル

パレット

ぐらいですか
タンポポには
持ち手つけると塗りやすいです
アクリルガッシュは重ね塗りが効くので
怖がらずにいきましょう





howtota15.jpg





howtota16.jpg

よ。




howtota17.jpg



今回は面相筆を使い
毛並みを書くように細かく塗っています






howtota18.jpg



よっしゃこんなもんか(^^)

塗り終わったら
1日ぐらい掛けてしっかり乾燥させます


普段私は模型の塗装をするのに


Mr.カラーなどのラッカー塗料

タミヤのエナメル塗料

ホルベインの油絵の具

アクリル・ガッシュなどのアクリル塗料


の4種類を使い分けています
それぞれに長所があって
合わせ技などのテクニックを使ったり
いわゆる
エアブラシ(ハンドピース)
などでグラデーション塗装をしたりもしてますが

今回は
出来るだけシンプルにしたいので
1番入手しやすいというか、家にあるかもしれない
アクリル・ガッシュの筆塗りのみで塗装しました。

アクリル・ガッシュは乾燥が早いので
メディウムなどを混ぜて
乾燥を遅らせて塗るのもいいかもです
あとは
乾燥すると
色目が変わるので
確認してから塗るのが良いと思います




それでは次に行きます
最後の行程
コーティング
です
塗膜を守り、艶を整えます
ここも沢山種類がありますが
独断と偏見で
最初のサーフェイサーと同じくラッカー系の



howtota19.jpg

Mr,SUPER CLEAR つや消し

を使います
水性のトップコートなどもありますが
どうせ缶スプレー使うなら
ラッカー系が良いかと。

あ、あと
このMr,SUPER CLEARは
「光沢」や「半光沢」、「UVカット」などありますが
このたんぽぽに関しては
「つや消し」がお勧めです(^^)



howtota20.jpg


塗り方は前回と同じように
持ち手を付けて
数回に分けて塗ります

ラッカー塗料なので
一時間程度で乾燥します

最後にパーツをくっつけます
ここは瞬間接着剤の



howtota21.jpg


アロンアルファで(^^)

えーっと、

ガレージキットはプラモデル用の接着剤では付きません
瞬間接着剤を使って下さい
それから
瞬間接着剤は色んな種類がありますが
流し込みタイプのすぐくっつく低粘度ではなしに
普通のタイプが強度があって使いやすいです
というわけで合体!





howtota22.jpg


完成しました(^^)

なかなか旨く出来ました
彼女にもこれからガシガシ働いてもらいますよー(゚∀゚)




さておさらいです
必要なものリストを振り返ります


デザインカッター

400番のサンドペーパー

クリームクレンザージフ

GSIクレオスのMr.プライマーサーフェイサー

竹串に両面テープ

アクリル・ガッシュ

細筆や面相筆

Mr,SUPER CLEAR つや消し

アロンアルファ



絞ったつもりでもそこそこ必要ですね(´・ω・`)
さらに
とっておきの小技など贅沢を言い出すと
どんどん必要アイテムは増えていきますが

取り敢えず
このタンポポのようなガレージキットは
こんな手順で作ることが出来ます

当然このHOW TOは
他のアイテムにも応用が可能です
これを読んで
ぜひトライして頂けるなら
本当に有り難いです(^^)
折角の工作なので
でひ時間を掛けて楽しんで欲しいと思います!




P.S.

もう来週となりましたが
4月の30日に東京で



関東Ma.K.模型展示会FINAL

が開催されます

なんと今回最後ということと
お会いしたい方々や、見たい作品があるので
実は私誰にも相談せずにエントリーしてまして
30日は単独


関西マシーネンをネコだらけにした戦犯

として参加しようと思っています(´・ω・`)

イベントでは
何か新作をと考えていたのですが
もしかして無理かもしれません。
今週でお仕事模型が一段落するので
来週悪あがきしようと思っています

当日は
アウエー気分満載でイベント&宴会に参加します
恐らく会場では
小動物みたいな怯えると思いますので
良ければ
優しい言葉をかけていただけたら懷きます(よせ)
参加者の皆様
どうかよろしくお願いします(^^)


| 模型その他 | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たんぽぽの作り方①





まいど(`・ω・´)ゞ





howtota00.jpg

桜が散り始めました。
ピンクの絨毯が美しいです(^^)


本題です




tanpopo01.jpg




すっかり人気者になったたんぽぽ
おかげで本格的に模型を趣味にしていない方々にも
作って頂けるようになりました


模型に普段深く関わっていない人は
一体どうして作ったり塗ったりしたら良いのか分からない

最近のイベントなどでは

「私にも塗れますか?」


とか
「作り方を教えて下さい」

との声を
何度も聞くようになりました



というわけでこの度

「たんぽぽの作り方/塗り方」


説明したいと思います
当然色々なマテリアルや道具を使った方法は沢山ありますが
こちらでは

「ほとんど模型を作ったことのない初心者の方」


出来るだけ分かりやすくシンプルに
手に入れやすい道具や材料で作る方法を

説明していきたいと思います。
当然

「たんぽぽの作り方」

と言っていますが

「ガレージキットの作り方」

を説明するものでもあります。





それでは始めます。






howtota01.jpg


まずキットです。全部で5パーツ入ってます

たんぽぽの素材は
レジンキャスト/熱硬化性樹脂
という素材です







howtota10.jpg


画像のようにシリコンの方を作って
レジンを流し込んで複製しています
要するに
たい焼きみたいなものなので




howtota02.jpg


画像のような余分な所がキットにあります
黒線はパーティングライン(継ぎ目)
赤部分は湯口(流し込んだ所)です

まずはこちらを処理しましょう



howtota03.jpg


使用するものは

デザインカッター

400番のサンドペーパー

です。





howtota04.jpg


継ぎ目の部分の修正(合わせ目を消す作業)は
サンドペーパーで磨いて処理します
丁寧にすると完成した時の見映えが違います







howtota05.jpg


カッターやデザインナイフの刃の背中で削いで
消すのも効果的です
ピンクの湯口の部分も
丁寧に処理しましょう


その他
ニッパーやスポンジやすりなどがあるとより便利ですが
仕上がりは変わりませんので特に今回は必要ないです

たんぽぽは全5パーツ
その中で3パーツを選んで使用します









howtota06.jpg



次に表面に油分が残ってると塗料を弾きますので
処理したパーツを洗浄します

クリームクレンザージフ

みたいなものがお勧めです



howtota07.jpg



歯ブラシに付けて丁寧に洗浄して下さい
洗浄の際は
熱いお湯を使うとよりというかかなり効果的です








次にパーツが乾燥したら塗装の下地を塗装します
ここはラッカー系塗料を使用しなければいけないです
他の方法がないのでお許しください
換気の良い所でがんばって塗装して下さい


今回は







howtota08.jpg



GSIクレオスのMr.プライマーサーフェイサー

を使用します

家電量販店の模型屋やネット通販で手に入ります

塗料の食いつきが良くなるように

プライマー とサーフェイサー 
が混じってるカンスプレーです







howtota9.jpg


屋外で画像のように他を汚さいないように注意して
パーツに塗装します
コツとしては1回で塗りきろうとしないことです
時間を掛けて何回か塗り分けて塗装して下さい

それから
吹き初めはいきなり狙わず通りすぎるように塗ると
綺麗に塗ることが出来ます

今回は塗装するために

竹串に両面テープを巻いて

持ち手を付けて
張り替えながら塗っています。





howtota11.jpg

ここまでやって下地作りの完成です。
これでキャンバスが出来た状態ですので
好きな塗料で塗ってもらうことができます


今回は息子が使っていた
アクリル・ガッシュ
で塗ろうと思います





次回へ続きます

塗装編をお楽しみに(^^)








| 模型その他 | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

柴犬ドライブ




(=゚ω゚)ノぃょぅ





082601_201508262133037c6.jpg



台風一過
今日は素晴らしい晴天でした!

さて
まずはお知らせです
今月発売された

「フィギュア王」なんやけど



082603_201508262133074ba.jpg


スゲ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━!

メカトロウイーゴの特集じゃないっすか!
表紙もコレなら内容も素晴らしい、
今まで数多くのウィーゴが発売されてるけど
なんとカラフルで色鮮やかなことか!
ここがダンボーとの違いやねー
ほんま
紙面を見てるだけで楽しくなりますが
その他、凄いニュースも実は沢山乗っていますのでお見逃しなく
乗るしか無いっ、このビッグウェーブにっ(笑)

というわけで
最早色替え旅先スナップぐらいでは目立てなくなった現在
俺ももう一捻り二捻りして
さらにウィーゴで楽しもうと思っています

フヒヒ(゚∀゚)




さて

京都マンガミュージアムに
長らく世話になっている





082602_20150826213303544.jpg

「京都模型の匠展」


いよいよ今週末までとなりました
ちょっと寂しいものですねー
でも
京都MM様には物凄く素晴らしい経験をさせて頂いて
本当に感謝しています(^^)


最終日の30日は
昼過ぎからミュージアムに御邪魔して
祭りの最期を楽しんでこようと思います(^^)






最後に
先日あるコンビニで俺の隣に停まってた車




082604_201508262133015dc.jpg

こっち見んな

度肝抜かれた後爆笑した。




そいじゃ(`・ω・´)ゞ

| 模型その他 | 21:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

組み立て式ウイーゴ塗ってみた





まいど

すっかり御無沙汰しております
もう
ワンフェスから10日経ちましたか、早いものですな

こちとら最近は

スーパー銭湯行ったり、飲んだくれたりやさぐれたり
普通のおっさんやってます
あ、
そうそう

先日から京都駅ビルで




0210 001


岩合さんの「ネコライオン」

なる写真展が開催されているので
wktkして見に行ってきました(^^)





0216 006


そんでもって
たんぽぽのポーズの写真を見つけたので思わず購入!

かわええ**(*゚▽゚*)**

写真額装したやつも欲しいな~



さて、模型の方は
ワンフェスでしこたまGETしたことも有り
現在作りたいものだらけやけど

その中でもこれ




0216 005



無突くんから誕生日プレゼントで頂いた
デカパイ娘のポーズ違いver.(^^)

あ、そうそう
知らない人に改めてこのフィギュアの作り方を説明すると
プラモデルのランナー(部品がついてる枠ね)を
ヒートペンで溶かして固めて作っていまして

ビックリするより何より
実物を見るにそのデッサン力の素晴らしさに舌を巻きます
というかもう

天才やね
誰にも真似できんわい(゚Д゚ )
せっかくの作品なので
静岡HSでお披露目出来るよう頑張って仕上げなきゃですが

そんな中、実は先週
慌てて作っていたのはコレでして




0217 001

千値練ウイーゴ組み立て式



さてこのウイーゴ
御存知のように現在凄いことになってまして

前日のワンフェスのイベントでは
力作揃いの素晴らしいイベントが開催されていたり
さらには凄いことに




0208 040

遂にハセガワよりプラモデル化決定とか

もうなんや凄すぎてというか眩しすぎてw
全然付いて行けてない状態になってまして


  詳しくは小林さんのHPでチェックしてくださいね(^^)

せめて
オールドファンとしてもう一花と思い
数あるウイーゴのコンテストの中から



wego_web_top_ps.jpg




みんなのウイーゴフォトコンステスト

コレに出すため新作をと
一念発起して塗装したのがこれ。











0217 002




命名「宇治金時」(゚Д゚)



0217 004


いや。

POPな色が多いので渋めで塗ったれと
配色を考えたんやけど



そのまんまやな(ノ∀`)

ひねりも何も無い



まあ
コンテスト締め切りまで
色々連れ出したり、芸をさせたりしてみます




てな感じで今日はここまで

それじゃノシ



P.S










| 模型その他 | 20:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

35ウィーゴ製作記 その2完結編

昨日の続きです
画像多めなのでサクサクいきましょう(・∀・)



3507_201409171213080d8.jpg

塗装です
エアブラシで塗装するので持ち手を付けて準備します
因みにこの元キットのカラーリングは確か「バニラ」
元の色のほうがええやん。と絶対に言ってはいけません(゚Д゚ )



352001.jpg

マルチプライマーをはじめに塗った後
サフ、白、黒 と塗りたい色に合わせて下地を塗ります
今回は白は黄色、赤  黒は銀  サフはダークグレーね。


352002.jpg


どんどん塗りましょう
今回はグロスのテカテカとつや消しのコントラストver.でいきます


352003.jpg


グロス/つやありの部分は
軽くハセガワのコンパウンドとコーティングを掛けてピカピカに(゚∀゚)



352004.jpg

以前も書いたけど
目玉の部分は瞳ジェルクリアでレンズを作るのがお勧めです




352005.jpg

352006.jpg



というわけで完成(・∀・)






352007.jpg

足にネオジム磁石が仕込んであるため
冷蔵庫にくっつきますけどなんか顔こわっ!


ちょっと散歩がてら外で撮影してきました



352008.jpg

これまでのうちのウイーゴは
アメリカンなPOPなカラーリングで塗ってきたので
今回は
ラテンの国の小型車っぽくしたいなと思って
渋め&メカ色で塗ってみたけど


352009.jpg

なにやら美味しそうな色にしか見えない(´・д・`)

まあ
これから秋の味覚の栗やら松茸やら
ご相伴に預かれる機会があればぜひ一緒に撮影しようかとw

そんでもって
肝心の腕部の稼働化の効果やけど




352010.jpg


・・・・・・・・
やっぱ手だけでは殆ど変化ないわ(-_-;)
逆に怖いし。

という訳で三体目のウイーゴも無事完成しました
彼にはこれから各所で活躍して頂く予定です(^^)

さてー
鼻息荒くも勢い良く始めたこの企画
なにやら尻すぼみな無難な出来上がりになってしまい
ホント申し訳ないっす(´;ω;`)ブワッ
てか
今回のネタで余計に千値練のウイーゴの発売が
楽しみになってきましたわ
ぶっちゃけガレキより安いしね(コラ

どうやら分解、組み換えも出来るみたいなので
ガシガシ動いて丈夫な
自分だけのオリジナルを作りたいですな。


最後になりますが

何かのアニメや漫画などから作られたキャラクターじゃなく
一人のモデラーが創作した全くのオリジナルなキャラクターが
どんどん人気がでて
このような快進撃を続けるのは
今まであまり例のない事、物凄い快挙じゃないかと思います

ウイーゴ大好きな一人のファンとして
これからも我々モデラーの夢や希望をのせた
モデリズム&ウイーゴの活躍を心より期待しています**(*゚▽゚*)**



352011.jpg

痴話げんかはよしなさいってば


そうそう
千値練のウイーゴは
一体買って鞄に忍ばせておくと
行く先々で写真撮る時ちょっと幸せになれるぞ



目指せっ!打倒ダンボーっ!(あ、言っちゃった(^^ゞ






| 模型その他 | 12:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

35ウィーゴ製作記 その1

いや~いい気候になりました
何より晩酌が捗る捗る(コラ
しかし
専らビール専門の俺と比べて
うちのマダムは八岐の大蛇のように酒を飲むため

酒はアルコール度数で選ぶぜ(`・д´・ ;)


と質実剛健な酒をいつも飲んでるが




3511.jpg

これは流石に無いやろ(゚Д゚ )
ボディーシャンプーかよ。


という訳で今日の本題

さて
私が敬愛するモデラーでありクリエイターでもある
モデリズム小林和史氏がが作られたオリジナルのメカ


3500.jpg


1/35ウィーゴ

を俺が超お気に入りなのは皆さん既に御存知だと思います

当初小林さんがガレージキットという形で
ワンダーフェスティバルや個人の通販で販売を始めた時は
レジンキットということもあり
それほど巷には出回ってなかったのでそれをいいコトにドヤ顔で(w
無名やけど愛嬌のあるロボとして


3510.jpg

うちのブログのマスコットとして活躍して貰ってたけど
先日のNAGOMOでも


353.jpg



有名なモデラーの方々が各々個性的なウィーゴを制作して展示されていたり
先日までは
あのハセガワという模型メーカーから通販されていた
さらにはなんと



3501.jpg


千値練からダイキャスト完成品として11月に発売されて
アマゾンなどの大手などで買えるようになるという
飛ぶ鳥を落とす勢いで目下大躍進中

例えるなら
駅前で歌っていたお気に入りのミュージシャンが
なんか見る間にどんどん有名になり
メジャーデビューを果たして超有名になるというのと似ていて
嬉しい気持ち半分というのが正直な気持ちやけど(^^)

ウチのウイーゴに話を戻しますと
前回作った青い子も白い子共々散々働いてもらったので

そろそろニューフェイスを作らなけりゃなー(´・д・`)


ぼーっと千値練ウィーゴの画像を見ていてふと気づいたんやけど
これ


3502.jpg



この大きさでフル稼働かよっ(; ・`д・´)
むっちゃ動くやんけ!

この値段でこの精密さとこのプレイバリュー


こりゃヤバイ!

千値練ウイーゴの発売までに早く作らなきゃ!
そんでもって
せめて一矢報いるものを製作しようジャマイカ( ー`дー´)キリッ

てなわけで
やっと本題に入ることが出来ましたw
急遽始めたタイムリー企画


35ウィーゴ製作記

を開始します(遅い&前置きなげーよ)

コンセプトは

可動箇所を増やしてマスコットとして更に遊びやすく
という感じでいきます


まず腕部


3503.jpg

35のキットでは肘関節は曲がりませんので
そこら辺にあった関節パーツを仕込んで稼働させます

手首のロールは2mmのポリ軸を使い稼働
指の開閉は1mmの真鍮線で稼働


3504.jpg


肩部は3mmボールジョイント接続にして可動の幅を広げます
受け側はポリパーツを仕込んでいます



3505.jpg


腕とは反対に脚部は自立優先にして固定にしますが
足首が小さくて転げやすいので
今回は2mmのネオジム磁石を仕込み
金属部には強力にくっつくようにします
同時にネジのワッシャーを使った金属のベースを作って
どっしり自立できるようにしています




3506.jpg


ブラシ塗装をするので
今回は思い切って質感を変えて塗り分けしたい所を
別パーツ化しています
ちょっと形が違うけど
まあ雰囲気優先で(^_^;)




という訳で
長文になりましたが今日はここまでっ




次回に続きます








| 模型その他 | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月21日雑記

うえーい。


生きてますよ~(=゚ω゚)ノ

どうもテンションを維持が不可欠な
作例の製作をしていると
ネットリアル共々すっかりデブ症出不精になってしまいますが


巷では
アグレッシブに模型イベントが目白押し
今週末では

まずは千葉は幕張メッセで

キャラホビ2014


浜松では

第3回浜松ジオラマグランプリ

そして北海道では

HMEこと
HOKKAIDO MODELER'S EXHIBITION 2014



何とも華やかなイベントが各地で開催され
友人知人が多数参加しております
個々の紹介は割愛させて頂きますが
皆様の活躍を心よりお祈りしています(^^)
イベントを存分に楽しんでください!


さて
それに引き換え
何時にも増して地味な夏を送ってる
引き篭もった俺が今後行けそうなイベントは

9月2日~7日に名古屋で開催される

logo_s1.jpg

NAGOMOこと

名古屋モノづくりフェスタ3

あたりになりそうです。
出来れば新しい完成品を持って
模型仲間とちちくりマンボ
存分に楽しんでこようと思っています(`・ω・´)

そんな中
実は先日ほんと久しぶりに
京都在住のモデラー達と久しぶりの同窓会をしてきました
メンバーは

keita氏

蝙蝠君

VAN夫妻

そんでもって俺

という面子

まあ急な集まりだったんだけど
そこは
十数年前からの旧知の仲ということで
数年ぶりの再会も何のその
存外に楽しい時間を過ごすことが出来ました(^^)

0814.jpg

まあ
現在も各々の持ち場でバリバリやってる面子でありますから
とにかく話しの内容が面白い。
本当に半端無く手を動かして妥協しないで作ってる者ならではの
キットの出来を分かってる感の面白さというか何というか
要するに
只のキットに対する文句やねんけど(笑
もうツボを突きすぎてて笑ってしまうと共に

「あ、俺ってやっぱりガンプラモデラーなんやな」

再確認した次第。

とにかく楽しかったので
今後は定期的に開催したいなと思っるので覚悟しておけ(`・ω・´)
次は
もうちょっと早めのアナウンスをしますので
近郊の皆さんも是非参加してください(^^)


とうことで
また暫く引きこもって作例頑張りまっす



アディオスッ

| 模型その他 | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガンダムMSV-Rグラフィックドキュメント2発売のお知らせ

いよいよワンダーフェスティバルまであと2日となりました
今回は相棒のバラチンが
仕事の為に不参戦となってしまい残念な限り(´;ω;`)


0724 001

今回は彼製作の新しいデザインのPOPを掲げて
応援メンバーとブースを切り盛りします(^^)
今回はアイテムも少なめなので
まったりと楽しめたらなと思っています

ブースは 7-10-12 RAPTUREです

当日は気軽に遊びに来て声を掛けてくださいね(・∀・)





さてここからは雑誌の仕事のお知らせです
今年の春まで述べ一年間
紙面にて連載されていた

トラブルメーカーズ

このストーリーに登場する
大河原邦男氏デザインの新しいMSV-Rの作例を
一同にまとめた


0724 003

機動戦士ガンダムMSV-R グラフィックドキュメント (2)

ザ・トラブルメーカーズ編



が本日発売になりました!

0724 002

当然ながら私の製作したディーンのザクの作例がなんとも大量に
紙面よりも丁寧に掲載されているのを始め
友人のVAN氏の新しい作り起こしの作例も含め
MSV-Rの作例が多くの画像とともに多数掲載されています


この作例群の何が凄いかというと
実は殆どが大改造やスクラッチばかりというえげつなさ(笑
当然ながら
大河原先生のMSV-Rの設定資料集としても
十分すぎる価値のある一冊となります

そしてなにより俺にとっては
「家宝」となるこの一冊(笑)
本当に一年頑張ってよかったとしみじみ(つ∀-)

厚かましくアフィも貼っておきますので
ぜひ皆さんよろしくお願いしますm(_ _)m








さてこちらのブログも
ワンフェスまでの更新はこれで最後になります
では皆の者幕張で会おうぞ。


アディオス(=゚ω゚)ノ


| 模型その他 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT